【レビュー】発達障害の子供への療育、ダイエットの体幹トレーニングにもなるトランポリン




ダイエットは何をやっても長続きしない・・・私もそんな三日坊主の一人です。

ふとあるときテレビで「トランポリンはダイエットになる」 というのを目にしました。
なんでも5分跳ぶと1kmジョギングしたのと同じ運動量なんだとか。

実はトランポリン自体は、前から気になっていました。

発達障害(自閉症スペクトラム)のある息子は体幹が弱くて。
長い間姿勢を保つことが難しかったり、上手に筋肉が使えません。

そんな体幹が弱い子にぴったりなトレーニングとして、トランポリンはすごくいいというのを病院の先生から聞いて、いつか欲しいと思っていました。

ただトランポリンを置くスペースや、わが家は1階とはいえ騒音の問題などが気になっていたので、一歩踏み出せずにいました。

トランポリンは防音対策をすればマンションでもOK!

トランポリンは騒音が心配になりますが、種類を選んできちんと防音対策をとれば問題ありません。

ただし音のうるささなど、騒音かそうでないかの感じ方は人それぞれ違います。
先にお断りしておきますが、私の対策でも騒音と感じる人もいますので、住宅の材質などもよく考えたうえでご購入ください。

場所をとりそうなトランポリンですが、意外とコンパクト。
狭い家でもそこまで場所をとらないとわかったので、「私のダイエットと息子の療育(体幹トレーニング)に一石二鳥だ!」と思い切って購入しました。

買ったのはこちら。
防音対策のマットと手すりが付属しているトランポリンのセットです。

家具の色調と合わせたかったので、ブラウンを購入。

手すりが付属していない、トランポリンとマットのセットもあります。

ちょっとテレビを見ながらピョンピョン跳んでいればいいので、これなら私も続けられる。

子供も気が向いた時に跳んでいるので、やっぱり買ってよかったです。
ちなみに、私は好きな曲をタイマー代わりにして、聞きながら跳んでいます。

体幹(インナーマッスル)が鍛えられるし、カロリー消費もバッチリ。
ダイエットが長続きしないという人にはおすすめです。

大人はちょっと童心に帰れるというメリットもあります・・・跳ぶことでストレス発散にもなりそうです。

ただ一つのデメリットと言えば、届いてトランポリンを組み立てるときにち少し力がいること。
女性の力ではちょっと難しいかもしれません。

※追記(2018年4月)※
子供はちょっと飽きてきたようですが、私は続けています。
何もしていなかったころに比べて、体幹がだいぶ鍛えられました。
全身運動になるので、ジョギングや筋トレが苦手な人にはおすすめです。

発達障害で感覚過敏。美容室が苦手な子供のためのセルフカット

2015.06.08

 

より手軽にダイエットを始めるならビサンテのトランポリン

トランポリンを買ってからしばらくして、さらに良さそうなトランポリンを見つけました。

それはこちら。
ホーマックで見かけたB-SANTE(ビサンテ)のトランポリンです。

 

先に紹介したバネ式のタイプだと女性には組み立てが大変かな?という感じだったのですが、このゴム式のタイプなら簡単に組み立てられます。
お値段も手ごろです。

ただ、手すりやマットなどは付属していません。
手すりが必要だなという場合は、先に紹介したトランポリンがおすすめです。

マット単品でも買うことができます。

防音対策のためのマットは必須です。
騒音はもちろん、滑らないようにするほか、床に傷がつかないようにする意味でも、マットは必ず敷いて下さい。

もしマット1枚でも心配な場合は、市販のパズルマットをさらに敷くなどしてみましょう。
近所迷惑にならないよう、ご注意ください。

聴覚過敏の辛さを和らげる。Fnovaの防音イヤーマフを使ってみたレビューとデメリット

2017.10.04

まとめ~トランポリンはムリなく楽しく続けられる!

トランポリンは遊べるほか体幹トレーニングにもなるので、大人にも子供にもメリットがたくさん。

ただしトランポリンさえやっていれば痩せるというわけではないので、食事や生活習慣にも気を付けて気長にダイエットを続けましょう。

※騒音問題に関しては、人によって感じ方が異なるので設置の際は十分注意してください。





★PR★
楽天マガジン
200以上の雑誌が月額380円(税抜)で読める!支払いは楽天スーパーポイントでもOK。
初回は31日間無料です。


コメントを残す