気づいて欲しい、理解して欲しいは甘えなの?

今日息子を迎えに行ったときの話。

「保健室の先生がさっき、息子くん昨日元気なかったみたいで、
大丈夫かな?って言ってたんですけど、何かありましたか?」と担任に言われた…。
すっかり他人事のように。
気づかなかったーと言わんばかりに。

 

スポンサーリンク



 

私、連絡帳にも書いてましたよ?

連休明けだというのと、お姉ちゃんが学校行ってる間に帰っちゃうのもあるのか、
前日寝付けなくて…
もしかしたら元気なくて眠くなるかもってことも。

昨日は先生、何も言ってませんでしたよね?
しかも「眠くなることもなく、頑張ってました!」って。

 

保健の先生に言われたから気になって聞いた。
というのがバレバレ…本当に息子の様子を見てくれているのかな…。
やっぱり上辺だけなのかな。

 

経験が浅いから仕方ない部分はあるかもしれない。
でも、こちら側にとっては経験なんてどうでも良くて。
要は息子が楽しく通える学校であって欲しい、適切な支援を望みたい。

 

連休明けに変わらず元気に学校行ける子なんてそういないよ。
大人でさえ、連休明けは辛いのに。
そこにさえ気づいてもらえないのかな。

 

今月は息子にとって山場のひとつ、運動会があります。
去年は前担任のおかげもあって、びっくりするくらい何事もなく競技に参加できたけど。
今年はどうかな…。

 

昨日は担任に、「運動会の練習でダンスがあったんですが、
昨日はやりたくなかったのか違う踊りをずっと踊ってました。
運動会のダンス、好きなはずですよね??」と。

この言葉には
「好きなはずなのに、なんでちゃんと踊らないの?」が含まれているんだと思う…。
言われなかったけど。

 

頑張るのが当たり前じゃない。
出来て当たり前じゃないのになぁ。
参加することに意義がある、と思いたいけどそうもいかない。
それが集団行動なのか。

 

周りに迷惑をかけてしまうのなら、いっその事参加しなくても…とさえ思ってしまうけど、
それは私が辛いからで。

息子は頑張り屋だから参加しないという選択肢はない。
でも辛くて突拍子もない行動をとったりすることで…周りが迷惑しているかもしれない。
どうするのが最善なのだろう…。

 

先生にひとつひとつ伝えても、甘えているだけとか不真面目だとか思っているんじゃなかろうか。
でも普通の子と同じようには出来ない。
だから支援してもらってる。

支援してもらって初めて同じラインに立てるのに。
私の要求は甘えなのだろうか…。

大きな行事があるたびに、親子で神経がすり減る…。

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。

コメントを残す