息子が発達障害と診断されるまで(4)

すっかり間があいてしまいましたが・・・完結していないことに気が付いて(笑)
つづきを書いてみます。
1~3も、良かったらご覧ください。

息子が発達障害と診断されるまで(3)

2015.07.07

息子が発達障害と診断されるまで(2)

2015.06.26

息子が発達障害と診断されるまで(1)

2015.06.25

発達支援センターに通い始めてからしばらくして、病院での診断を受けることになりました。
診断結果は「広汎性発達障害」でした。

診断書にはさらに高機能自閉症(PDD)・受け身型と書いてありましたが。
今でいう自閉症スペクトラムということです。

ADHDや学習障害なども含めて発達障害と言われていますが、どの障害にも当てはまる人もいればそうでない人もいます。
特性や症状は個人差が大きいために、「発達障害があるからこうだ」という特定はできません。

スポンサードリンク



診断を受けてからほどなくして、作業療法と言語療法の療育を週に1度受けることになりました。
息子のためにと必死になって、毎週通っていました。

このころは意思の疎通も難しかったので、息子の機嫌が悪いときも多々ありました。
そんな機嫌が悪いときに療育を受けてもうまくいくわけがなく、だんだん私にとっても苦痛になってきましたが、1年半ほど通いました。

療育に通うことでできるようになったこともたくさんあります。
本当に少しずつですが、成長を感じられました。

ただ、見知らぬ土地で昼間は夫もおらず、仕事柄不在の時も多かったから頼ることもできず。
友達を作るのが苦手、人付き合いも広く浅くができない私は、なんだかひとりぼっちのような気がして。

ストレスを発散することもできず、娘に当たってしまうこともありました。
あの引っ越ししてからの2年間は、私にとっては人生で一番つらい日々だった気がします。

当時の自分を思い起こすと、いかに精神的に参っていたか。
元気だったらもっとやれることはあったのに。
やりたいことはたくさんあったのに。

息子のことで精いっぱいで、頑張りすぎていました。
きっと病んでいたんだと、今振り返ると思います。

今だから言えるのは、このころの私はとことんネガティブだったということ。
でも、このネガティブさがあったからこそ、今はポジティブでいられるのかもしれません。

発達障害は人それぞれ症状が異なりますが、一人一人に合わせた配慮ができれば辛さも少なくて済みます。
どうか理解してくれる人が増えたらいいなと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。

コメントを残す