息子が発達障害と診断されるまで(2)

息子が発達障害と診断されるまで(1)の続きです。

今では実年齢よりかなり大きめな息子ですが、生まれた時は体重も3000グラム近くあって、未熟児でもなかったのに、「細いなぁ~」と思っていたのをよく覚えています。

夫や周りの家族も「息子くん、なんかすごく小さいね~」と言っていたくらいです。

ところが・・・生まれて半年もすると、すっかりおデブちゃんになり(笑)
プクプクの赤ちゃんに。
人見知りも全くせずいつもニコニコして、とっても愛想よく。

歩き始めも1歳ころだったし、離乳食も順調に卒業、卒乳もさほど苦労した覚えもなく。
そして夜泣きもあんまりせず・・・本当に「手のかからない」赤ちゃんでした。
(のちに障害のある子は赤ちゃんの時、手のかからないことが多いという一説があることを知って・・・かなり納得しました。あくまで一説ですが。)

 

スポンサーリンク




なんの心配もせず迎えた1歳半検診。
ここで少し発達がゆっくりかも、ということを言われました。

確かに言葉は出ていなかったけど、そのうちしゃべるだろうと思っていたので。
検診に引っ掛かり、発達支援センターに通うことを勧められました。

実は息子が生まれる前から、「次に生まれる子は障害があるかもしれない」と思っていました。
なぜなら、夫の家系に障害を持っている子がいたから。

遺伝する、しないはまだはっきりと証明されていないものですが、なんとなく・・・女の勘でしょうか(笑)
なので検診に引っかかってもあまり驚きませんでした。
あとは、大丈夫だろうという思いもあり。

発達支援センターに通うことを決めたのに、当時住んでいた市の支援センターは「空き待ち」だと言われました。
では待ちますと言って、待ちました・・・。

ところが、やっと空いたころには引越しが決まってしまい。
結局支援センターに通うことはできませんでした。
ここで通えていたら、何か変わっていたのかな?とも少し思います。

そして、違う町へ引っ越しました。

息子が発達障害と診断されるまで(3)に続きます。

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。