【冬の北海道】札幌市内から新千歳空港までのアクセス方法とJRで行くときの注意点

札幌雪まつりなど、冬の観光シーズンまっただ中の北海道。

冬に北海道旅行をする際は特に、「運休になって飛行機に間に合わない!」なんてことにならないよう、ほかの交通機関でのアクセス方法もチェックしておきましょう。

札幌駅から新千歳空港まで行くには、いくつかのアクセス方法があります。
JRを利用するのが一般的ではありますが、天候によってはJRが運休してしまうことも少なくありません。

そこで、JRを利用する際のポイントやほかの交通機関でのアクセス方法をご紹介します。
新千歳空港から札幌方面へ向かうときにも応用できます。

札幌市内からJR札幌駅へ行くには地下鉄を利用

泊まっているホテルなど、出発地が札幌駅周辺ならJRに乗れば新千歳空港まで行けますが、それ以外だと乗り換えする必要があります。

バスという選択肢もありますが、冬だと特に遅れが出てしまうことも。
そのため、天候に左右されない地下鉄が便利です。

また、どの駅に近いかによっても乗り換えに要する時間が変わってくるので、旅行や出張の際のホテル選びは場所も重視しましょう。
例として、各終点からの所要時間をまとめました。

各終点からJR札幌駅までの所要時間

・南北線
真駒内(まこまない)駅から
乗車時間 18分、徒歩7分 =25分

麻生(あさぶ)駅から
乗車時間 10分、徒歩7分 =17分

・東西線
宮の沢駅から(大通駅で南北線に乗り換えが必要)
乗車時間 17分、徒歩10分 =27分

※乗り換えでの待ち時間は含まず。乗り換えに要する徒歩での時間も含む(3~5分くらい)

新さっぽろ駅からの場合は地下鉄に乗らずJR新札幌駅から乗れば、乗り換えなく新千歳空港まで行けます。
※バスセンター前駅ー新さっぽろ駅の間の駅から乗る場合は、札幌駅方面へ行くよりも地下鉄で新さっぽろ駅まで行き、JR新札幌駅から乗る方法が一番乗り換えが少なく済みます。

・東豊線
栄町(さかえまち)駅から
乗車時間 12分、徒歩9分 =21分

福住(ふくずみ)駅から
乗車時間 14分、徒歩9分 =23分

バスセンター前駅から新さっぽろ駅方面を除いて、降車駅はさっぽろ駅です。
地下鉄さっぽろ駅からJR札幌駅までは、ゆっくり歩いて南北線経由なら7分、東豊線経由なら9分くらい。

案外歩く距離があるし、初めての人は迷ってしまう可能性もあります。
休日はなかなかの混み具合なので、特に徒歩で移動するときは迷子にならないよう、子供からは目を離さないでくださいね。

東西線の例を除き、各方面のほかの駅から乗車した場合はその分所要時間も短くなります。

運賃など、こちらも参考にしてみてください。

 

JRを利用するなら知っておいてほしいポイント

JR札幌駅から新千歳空港駅までの運賃は、大人1,070円・子供530円です。
札幌ー新千歳空港間の列車、快速エアポートは15分おきに運行しています。
乗車時間はおよそ37分。乗ってしまえばあとは到着を待つのみ。

ただ、いくつか知っておいてほしいポイントや注意点があります。

・パスモやスイカがあると便利、サピカは使えない
PASMO(パスモ)、Suica(スイカ)など全国で使用できるICカードがあれば、札幌市営地下鉄でも利用できるので便利です。
チャージさえしておけば、いちいち切符を買う手間も省けます。

札幌市民で地下鉄を利用する人に必須なSapica(サピカ)ですが、JRでは使用することができません。
これは意外に知らない人も多いんです。

・新千歳空港へ向かう列車は特に混雑するので、座りたいなら早めに並ぶ
快速エアポートは15分おきに運行していますが、特に新千歳空港へ向かう列車は混雑します。
発車時間ギリギリに乗車しても座れないことが多いので、確実に座るには早めに並んでおきましょう。

・必ず座るには指定席のUシートを予約しておくといい
並ぶのが面倒だったり難しい場合は、指定席を予約しておくのがおすすめです。
ただし、運賃とは別に520円かかります。(えきねっとで予約できます)

・休日や平日朝夕の通勤ラッシュの時間帯はかなり混む
平日の通勤ラッシュの時間帯はかなり混みます。特に、新千歳空港から乗る場合はギュウギュウ詰めも覚悟で・・・。子供連れの場合はとくに注意してください。

・構内はエレベーターがあまりない
駅の改札から乗り場へ行くには、地上へ上がる必要があります。
エレベーターが少ないので、タイムロスになることも。そのため、多くはエスカレーターまたは階段を使います。

エスカレーターも各乗り場の中間にしかないので注意してください。階段は大きな荷物や子供連れの方はかなり大変かと思います。(札幌駅構内の地図はこちら)

JR以外のアクセス方法は?

大雪など、悪天候のときはJRが運休してしまうこともあります。(例年必ず数回はあります)
そのため運休してしまった際のほかの交通手段も知っておくと安心です。
もしかしたらJRより楽チンかも?

・空港連絡バス
札幌市内各地から空港連絡バスが運行されています。予約の必要はありません。
運賃は大人930円~1,030円(乗り場によって異なる)で、JRよりも少し割安のほか、最寄りのホテル付近にバス停があれば、乗り換えなく新千歳空港まで行けます。

乗り換えや徒歩移動が面倒という人には、バスもおすすめです。もちろん、新千歳空港から札幌市内へ行くバスもあります。


・空港定額タクシー

多くのタクシー会社で、空港までの定額タクシーがあります。とにかくラクに行きたいという人には一番おすすめです。

タクシー会社によっても運賃は異なりますが、おすすめはMKタクシー

スマホアプリがあれば簡単に呼べるので、電話がつながらないときでも安心です。詳しい運賃や予約方法などは下記をご覧ください。新千歳空港から札幌方面へ向かう際にも利用できます。

乗り換えが面倒な人は、宿泊先によっては乗り換えなしで行ける空港連絡バス、とにかくラクさを重視するなら空港定額タクシーが便利です。



まとめ~乗り換え重視ならバス、ラクさならタクシーを選ぶのもアリ

JR札幌駅・地下鉄さっぽろ駅周辺以外に宿泊先がある場合は、地下鉄→JRと乗り換えが必要です。

バスとタクシーは乗り換えがない分ラクですが、高速道路が通行止めになると一般道を利用しなければならないため、かなり時間がかかることもあります。(通常は札幌駅から60分前後)

JRが運休の場合は、復旧のめどによってはバスやタクシーが確実です。
(1日中運休ということもありました)

そのときの状況に合わせて最適な交通手段を選びましょう。

旅の終わり、新千歳空港へ向かうのに悪天候で手段が・・・とならないよう、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す