学校の宿題が多すぎて休めない子供たち。夏休みと冬休みの意義ってなんだろう?

多くの地域では、夏休みはあと1週間くらいでしょうか。

息子は今日で夏休みが終わり、明日からまた学校が始まります。
ハッキリ言って、テンションがダダ下がりです(笑)
できれば家にいたいというのが本音なんだろうなぁ。

娘が上京して初めての夏休みでしたが、とても充実していたと思います。
ただ。

夏休みなどの長期間の休みで毎回ネックになるのが、宿題です。
もう、年々多くなっています。


 

息子の場合はこのくらいの量がありました。

・国語と算数のプリント 各20ページ
・絵日記 3枚
・ホウセンカの観察日記 1枚
・毎日1行日記
・お手伝いカード
・自由研究

正直これでも私は多いと思います。
1ヶ月も無い夏休みで、これだけの量をこなすのは大変です。

息子には発達障害があり、書くことが特に苦手。
宿題の多くには「書く」ことが必然的に伴ってくるので、国語と算数1ページずつがやっと。

例え1ページずつやっても、20日間かかります。
家族で出かける日など楽しみがあるときでも、宿題のことは忘れさせてやりたくてもできないのです。

ただ、息子はまだまだ宿題の量も少ない方で。
本当は理科と社会も先生は出したかったようですが、私は懇談でハッキリとお断りしました。

あと40ページも増やされたら、夏休みが楽しいどころか苦痛にしかならないんじゃないかと思ったし、何より息子のモチベーションでそこまでこなせるとは思えなかったからです。


 

個別で支援してもらえる支援学級だからこそ、こういう要望も聞いてもらえるわけですが、普通学級ではそうはいきません。

おそらくここで「ずるい」という意見が出るのかもしれませんが。

そもそも普通学級でも、みんな同じ宿題を出していることが果たして子供のためになっているのだろうか?と私は疑問に思っています。

子供は100人いれば100通りの性格があります。
それと同じで、得意不得意も100通りあると思うんです。

でも今の学校教育はそこを無視して、学年単位でみんな同じ宿題を出します。
それが平等だというのでしょうが、理解度が同じではありません。

理解できている子もいれば、できていない子もいて・・・中にはもう少し上のレベルが適している子だっています。

それなのに、「みんな同じでみんないい」で全員同じ宿題を出す。
当然難なくできる子もいれば、夏休み中必死になってがんばらなければ終わらない子だっています。

習熟度によって宿題を変えることはできないのでしょうか?
残念ながら、今の学校では難しいと思います。

一人の先生が30人前後の子供を見るというのが、そもそも無理難題。
みんな同じ教育をしていれば、みんな同じように理解できるわけがない・・・100通りなのですから。

 


 

多いと思う夏休みの宿題も、息子は同学年の周りの子供に比べれば少ないほうです。

私の甥っ子を例に挙げますが・・・本当に酷いです。
これだけがんばらせようとする学校には、嫌悪感しか出てきません。

・国語、算数、理科、社会のプリント 全部で182ページ
・絵日記2枚
・読書感想文
・自由研究(発表のための作文2枚も)
・縄跳びと鉄棒 1日100回練習
・リコーダーの練習 夏休み期間で100回

酷くないですか?この量・・・。
プリントのページ数にも吐きそうになりましたが、下二つが特に。
ちなみに小学校3年生の宿題です。

運動が得意な子なら、縄跳びと鉄棒1日100回できなくはないでしょうけど・・・。
100回って。

リコーダーの練習も100回って。
8歳やそこらでここまでやらなければならないなんて。

1ヶ月も無い夏休みで、これだけのことをこなすって・・・私が子供だったら「学校なんて嫌いだ」って気持ちになります。

いつからこんな大量の宿題が出されるようになってしまったのでしょうか?
自分が子供の頃は記憶にないけれど・・・やっぱりゆとり教育が終わってからなのかな。

ちなみに、プリントの丸付けは親の役割です。
182ページもあったら丸付けだって大変でしょうに。


 

ここ最近は、先生の負担を軽くしようという動きが強くなってきています。
でも。
同時に子供たちの負担も軽くして欲しいと願う私はおかしいでしょうか?

先生が大変なのはもちろんわかります。
でも。

夏休みというものは、何のためのものなのか。
楽しい思い出を作るという夏休みが、どんどん苦しい思い出を作る夏休みになっている気がしてなりません。

大量の宿題を出すことの意味。
先生は本当にわかっているのでしょうか?

子供のためだって、本当に思っているのでしょうか?

そして。
「そういう時代だから」と疑問にも思わないのが、一番恐ろしいと思います。

学校も親も、「勉強させておけばまっとうに成長する」
そう思ってはいないでしょうか。

勉強することは大切です。
でも大切なのは勉強だけじゃない。

だから夏休みの宿題も、たくさん出すほど子供のためになるものでもない。
夏休みの意義をはき違えないで欲しいものです。

新学期、また葛藤の日々が始まります。

コメントを残す