運営者プロフィール

当ブログ「Shukanote(しゅうかのーと)」を読んで下さり、ありがとうございます。
運営者のしゅうか(@shuka_051615)です。

ここを訪れてくれたということは、「私がどんな人か」を知りたいからだと思います。
とっても長くなりますが、最後まで読んでくださるとうれしいです。

しゅうかってどんな人?

私自身のことをざっくりと紹介します。

【家族構成】
(単身赴任)
(高校生・上京して半自立)
息子(小学生・発達障害)

そしてアラフォー主婦の私、4人家族です。

スイーツやアイス、旅行とおしゃれが大好き。
また子育てをしているうちに、今の義務教育そのものに疑問を持ちはじめ、息子の不登校を機に考え方も変わってきました。

息子には発達障害(ASD・自閉症スペクトラム)があります。
私自身も未診断ではありますが、生きづらさを抱えています。

場面緘黙症かもしれない。ずっとあがり症だと思ってきた私の経験談

2017.02.22

生きていくうえで色々大変なことがありますが、「子供が楽しいと思える未来にしたい」と思いながら子育てしています。

ブログを始めたきっかけ

このブログは2017年に開設しました。
それまでも育児日記としてブログを数年書いていましたが、本格的に運営してからはまだ1年足らず。

以前のブログの記事も、少しこちらに移行しています。

本格的に始めた理由は「自分の好きなことを形にしていきたい」
もちろんブログで食べていけたらそれは本望ですが、今はまだその段階ではないので二の次です。

好きなことを仕事にするのはとても夢のあることですが、並大抵の努力では叶えることのできない夢。
そう思い、日々試行錯誤しながらこのブログを続けています。

今も並行していますが、ブログを書きながらライター業もしています。

「楽して稼ごう」なんて考える人は、在宅ワークに向いていない。

2016.07.13

ライターをやりたいと思ったのは、稼ぎたいと思ったから

息子が幼稚園へ入園した2013年、やっと自分の時間ができるようになりました。
そこで私はまた働き始めることを決心。
ところが息子の通院や療育などで働ける時間は限られていて。

出来れば子育てのため家にいて欲しいと思っている夫を何とか説得し、しぶしぶ了承はしてもらえました。
でも「特に息子の子育てに影響する働き方はして欲しくない」と言われてしまい。

当時の私は夫に従順だったので(今だったら絶対逆らうw)、どうにかして自宅で働く方法を模索していました。

ちょうどその時、クラウドソーシングが出始めのころで。
在宅ワーク=単純作業の内職と考えていた私は衝撃でした。

「これだ!!」と。

そして私は、ライターという職業に出会いました。

もともと書くことが好きだった私は、「やってみよう!」とフリーランスとして在宅ワークすることを決意。
私がライターになったのは、このときからです。


最初に受けた仕事は、1文字=0.3円ほど。
今思えばかなり安い単価です。(実績がない最初のころは、このくらいが妥当だったのかも)
それでもとにかく何かやらなくちゃ、少しでも稼ぎたいと、半年ほど続けました。

だんだん慣れてきて色々掛け持ちで請け負っていくうち、クライアントからも信頼いただけるようになり・・・単価も少しずつ上がり。
しばらく続けていましたが、のちに掛け持ちは1つ減らしました。
今はちびちび頑張っています。

2017年後半にライター業に少し疲れてしまい、直後に息子が不登校になったこともあり、今はライター業をお休みしていますが、再開する予定です。

発達障害の子供を育てる私が在宅ワークを選んだ理由~自宅で働くという選択

2016.05.06

 

私の考え方を大きく変えたTwitter

ライターを続けながら育児日記も書いていたのが、2013年から2017年にかけて。
その間にようやく私も流行りに乗り、Twitterをやるようになりました。
これはもう、ホントに1年くらい前と最近の話です。

そこで「Twitterってすごい!」と憑りつかれたようにハマり。
特に子供のことで共通点の多い仲間がSNS上にできました。

交流していくなかで、楽しいことはもちろん辛いことや悲しいことなど、本当にたくさんの色んな情報や悩みを共有するようになって。
ときに私は自分の考えが間違っていることに気がつくことができました。

ずっと当たり前だと思ってきた色んなことがどんどん疑問になり、「このままでいいのかな?」と。

夫がこんなに転勤させられて、毎日タダ残業して、少ない給料をもらって。
ブラック過ぎるだろ!ということに気づき。

さらにはずっと疑問に思いつつ、「それが学校だから仕方ないのか」と思っていた学校教育。
「おかしいと思いながらも、このまま声を上げずに黙っていていいのだろうか?」と。

また、大好きなことも誰かの役に立つかもしれない。

そんなことを考えながら、一からブログを開設しようと思ってできたのがこの「Shukanote」です。

書きたいことが色んなジャンルでたくさんあるので、雑記ブログになっています。

 

人に伝える・知ってもらうことの大切さ。

ブログを書きながら、記事の一つ一つが必要な人へ、情報が知りたい人へ、一人一人に伝わればいいなと。

そう思いながら、書いています。かなり雑多なブログになっていますが・・・。

どうしてジャンルごとにブログを分けずに雑記ブログにしたのかですが、雑記にすることで知らない人に知ってほしいという思いがあります。

例えばスイーツ好きな人が学校の現状を知るきっかけになったり、逆に学校に疑問を持ちながら、また社会の不寛容さでモヤモヤしている人が面白いと思ってくれたり。

そういうことが起きるんじゃないかなと、ただ漠然とそう思って運営しています。

とにかくどこかに届いてほしいと思いながら。
私には、やりたいことがたくさんあるから。

知らないことを知るのはプラスになる。私が雑記ブログにした理由

2017.07.10

 

目標と展望

今後の私の目標は、こんな感じです。

・ライター・ブロガーという仕事で、食べていけるようになる
→ブラック企業で搾取され続けている夫に、辞めて転職する勇気を持ってほしい。気づいてほしい。
子供の成長に関われる環境にしてあげたい。
・娘の夢を全力で応援する
→お金はかかることだけど、子供には遠慮してほしくない。足りない分は自分が頑張る。

・息子のように障害などで生きづらさを抱える人が、生きやすい社会にする
→すごく難しいことだけど、一人一人が声を上げれば変わるかもしれない。

・いつまでも古い学校教育を変える
→これは一番の難関かも。不登校が増えている理由の一つに、学校教育そのものが大きく関係していると思っているので、ブログなどを通して訴えていきたい。

・義務教育期間でも通信教育ができるように働きかける
→学校教育が変えられない、変わらないのなら、様々な理由で学校へ行くのが辛い子供たちが平等に学べるように、微力ながら働きかけていく。
またはそういった活動をしている人に協力するまずは子育てしながら学校教育についてがっつり勉強する。(私の理想はN高みたいなの)

 

多分最後の2つは、「ムリだろ、ムリ」と思われるかもしれません。
でも、日本の未来を支えていくのは今の子供たちです。

その子供たちが、学校が辛いと思うのはやっぱりなかなか変わらない学校や、失敗を許されない社会が一因であると考えています。
特に義務教育では、平等に学ぶということができていません。

でも、実際には学校教育を変えようと活発に動いて下さっている先生もいます。

「夏休みの宿題はいらない」 公立小学校の現役校長が変えたい“昭和的な”教育

この先生のような考えが、多くの教育現場に広まって欲しいです。
これ読んで、「そうそうそうそう!!!!」と思わず言ってしまいました(笑)

私も保護者の1人として、学校教育のおかしなところが変わるように訴えていきたいです。

おかしい!理不尽すぎる学校の校則。縛り付けて子供を苦しめている。

2017.08.03

1度きりの人生を子供と楽しく!

ここまで良く読んで下さいました。

小さなころから色々経験している私ですが、ポジティブでも浮き沈みが激しいし泣き虫だし、足りないところがたくさんあります。

愚痴も多いし、夫とケンカばかりだし。
また最初に書いてあるように、自分自身も生きづらさを抱えています。

でも、行動せず考えているだけでは何も変わりません。

人生は1度きりだから楽しく過ごす。
その大前提には子供たちがいます。自分の子供に限らず。
笑顔をたくさん増やしたい。

先に死ぬのは自分。でも次の時代を担うのは子供。
だから今の子供が大人になったときに「いい社会だね」と思えるようにしたい!

それが私の、一番の夢です。

「人生でやりたい100のリスト」を書きだしてみたら、意外にむずかしかった。

2017.10.22

こんな長い文章、最後まで読んで下さりありがとうございました。
今後とも、Shukanoteをよろしくお願いいたします!!

しゅうか(@shuka_051615)