今の学校教育では子供ファーストなんて程遠い。良い先生ほど潰されている

息子の学校ではもう、2学期が始まっています。
1週間の疲れがどっと出ているようです。

でも週末になり、楽しくのんびりと過ごしています。

新学期早々、とてもとても腹立たしい出来事がありました。
楽しかった夏休みがかすんでしまうくらいの。

もう、学校や担任の先生への不信感は募るばかりです。
この気持ちを直接ぶつけようか、とても迷っています。

 

スポンサーリンク



息子は支援学級に在籍しています。
現在の人数は5人。とても少人数ですが、今年度に支援学級が増えたため先生も1人増えました。

当初は学級は1つで、担当の先生を分けるということになっていました。
ですから交流学級での授業を除いて、ほとんどの時間を1つの学級で過ごしていました。

昨年度の担任は息子のことを良く理解してくれる、本当に安心して子供を預けられる先生(A先生)でした。
でも、今年度息子の担任はその先生ではなく、新しく来た先生(B先生)でした。

担当を分けることに関しては異論はありませんでしたが、その分け方に私はショックを受けました。
新年度、学校で担任が変わると聞いたあと、自宅にA先生から電話が来ました。

「息子くんの担任になれず、すみません」と。

続けて、
「私は息子くんと1年間一緒にやってきて理解もしています。
でも新しい先生になることでまた関係性が一からになって。息子くんとせっかくわかりあえるようになったのに・・・。」

「実は、人数が増え先生も増えるとわかったとき、私は息子くんの担任を持ちたいと、会議でも校長先生にもお願いしていました。
でもふたを開けてみたら、全く真逆の判断が下されていて。私には決定権がないのでどうすることもできませんでした・・・。」と。


 

衝撃でしかありませんでした。
担任の先生が一番子供たちのことをわかっているのに、校長先生のさじ加減一つで決まってしまうことが。

そして、こんなに子供のために接して下さっている先生の努力が、上の人たちの権限で覆されてしまうことに、強い憤りを感じました。

しかも。
これもA先生が要望を出してくださっていたことですが、折り合いの悪いクラスメイトとは別にしてほしいという願いも却下され・・・息子はその子と同じクラスになってしまいました。

クラスメイトのことで体調を崩して学校を休むほどだったのに。
そこも聞き入れてもらえず。
A先生は、息子のことをすごく心配していました。

新しく来たB先生は、支援学級の担任をほとんど持ったことがないという先生。
だから当初は1クラスで助け合ってという考えだったのだと思います。

夏休みの宿題多すぎ。子供は本当に休めているの?

2017.08.21

 

ところが・・・先日始まった新学期。

「担当だけを分けるやり方から、完全に2クラスになりました。1組と2組になります。」
とB先生から下校のときに突然言われました。

その時も「え?」と思い、話を聞きたかったのですが息子が待っているため聞けず。
家でも息子が会話を聞いてしまうので電話して聞くこともできず・・・。

たまたま数日後、前担任とお会いできたので思い切って聞いてみました。

すると、「私は前のままで良かったと思うし、その方が息子くんのためにもなると思ったんですが・・・。
B先生たっての希望で、完全にクラスを分けて欲しいと言われてしまって。上もそれで決定ということになって。」

そして、「息子くん、最近どうですか?」と聞かれました。

正直に息子の様子と、やっぱりB先生では・・・ということを伝えると、「私ね、B先生に強く言えなくなっちゃったんですよ。」と。

どうしてか聞いたら、「何度か息子くんの指導方法や接し方でアドバイスしたら、なんかへそ曲げちゃって・・・言いづらくなってしまって」と。

夏休み前に感じていた、2人が接しているときに感じた異様な雰囲気はそういうことだったのかと、妙に納得してしまって。
さすがにそこは言えませんでしたが・・・。

この一連の話を聞いて、どうして2クラスに分けたのかがわかりました。

B先生は、A先生からのアドバイスがうるさいと感じているんだと思います。
アドバイスが文句に聞こえているんだと。
そして嫌悪感が募って、もう一緒にやりたくない、指図されたくないと・・・。

自分の都合で、2クラスに分けるよう希望を出したんだと。
そこで私はすべて気がついてしまいました。

子供のためでも何でもなく、自分の都合だなんて。
子供をなんだと思っているんだろう。

息子に聞くと、給食まで別々のクラスで食べるようになったようで。
5人しかいないのだから、みんなで食べた方が楽しいのに。

先生は自分の気持ちだけで、子供同士のコミュニケーションの機会まで奪って。
少人数だからこそ、コミュニケーションがとりやすいのに、ほとんどマンツーマンになって。


 

A先生はとお話ししたとき、こんなことも聞かれました。
「勉強の方はどうですか?」と。

そこも正直に、B先生のやり方では身に付いていないと感じていることを伝えました。
そしてA先生は「あーやっぱり。」と。

「私は今年度の息子くんを見て、成長が後退しているなぁと少し感じていたんです。B先生のやり方では息子くんは身に付きにくい。ここだけの話、息子くんはB先生の授業を受けたくないと何度か言っていて・・・。」

これまた衝撃でした・・・。

このままでは子供のためにならない、B先生のやり方はちょっと・・・と感じている私は、何度か「こうした方が良いのでは?」と言わせていただいたことがあります。

でも、「そうですね!検討してみます!」と言って、結局たいして変わらず。
ということがずっと続いていて。
B先生が私の言ったことを理解してくれていないのか、聞く耳を持っていないのか。

きっとプライドが高いんだろうなぁと、感じています。
自分が自分だけでどうにかしたいと思っているでしょうから。

そんな私的な感情は、子供を預けている身としてはいらないし、何より子供のためになってない。
成長が後退してしまうことで、家での指導も必要になってくる。
2度手間になってしまう。

でも、息子には学校で勉強することだけで精いっぱい。
それを家庭でも、となると息子の心が休まる場所がなくなってしまいます。
だからできません。


 

学校やB先生にはどんどん不信感が募っていきます。
そしてA先生の努力がこんなにも報われないなんて。

子供のためを思ってくださっている先生がつぶされて、その指導力が発揮されないなんておかしい。

息子は一昨日、寝る前急に「お腹が痛い。胃が痛い。」と訴えてきました。
ストレスからくるものだと、すぐにわかりました。

薬を飲ませて事なきを得たものの、きっと突然変わった状況についていけていないんだと思います。
仲良しだったクラスメイトともあまり接することができなくなって。
辛いんだと思います。

今度またこんなことがあったら、私はB先生に言いたい。
でも・・・A先生がされたようにへそを曲げられてしまったら。
こういうタイプの人はきっと、一気に冷たくなりそうな気がして。

息子にはこれ以上イヤな思いはさせたくないし、私が言ったことで息子がイヤな思いをさせられるのもイヤです。
A先生は、「もし不満があったら直接B先生に言ってほしい。私が言うよりも、親御さんが言った方が説得力があると思う」と言っていましたが・・・。

なかなか言えない自分もいて。
そんな自分が本当にイヤで。
すごく、すごく悩みます。

こんなに振り回されるくらいなら、学校へ行く意味さえも疑問を抱いてしまいます。

息子を守るために、息子の環境を守るために、もっと強くならなくては。
毅然とした態度ができるようにならなければ。
そう思いながら、子供を送り出しています。

頑張る!!!!

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。

コメントを残す