「ダメ」ではなく「教える」~子供のSNSトラブルについて考える

ここ最近、すごく思っていることがあって。

今の大人・・・特に子供のいる親世代の大人たちは、色々な物事を「だめだ」とただ排除することで、正しいことを教えるのを避けている気がします。

それは私にも言えることです。

一つは、スマホやネットに関すること。
私はつい最近まで、「小学生なんてスマホ必要ない!中学生でも早い!!」と思っていました。

今でも若干思っている部分はありますが・・・。

 

スポンサーリンク



 

でも「悪影響だ!デメリットしかない!!」と親が思うだけでスマホを持たせないのは、結局は「色々面倒なことに巻き込まれる」からで。

「スマホを持たせることは良くないこと」っていう固定概念が、持たせないという結論になってしまう。


じゃあスマホを持たせることにはデメリットしかないのかというと、今の私はそうではないと思っています。

このご時世ですし、時代が時代なだけに、護身の意味でもアリなのかな、と。

 

これは良くも悪くもですが、スマホによって色々な知識を得る部分もあるのかもしれない、と。
ただ、小学校低学年くらいまではやっぱりキッズ携帯程度で良いのかなと思います。

 

スマホを持つことがどんどん低年齢化していく中で、ネット・・・特にSNSでのトラブルが増えています。
それはなぜか。

簡単に言ってしまえば、「子供がネットというものを理解していない」のではないでしょうか。

 

では、なぜ理解していないのか。
周りの大人がきちんと教えていないからです。

多くの親は、「そういう時代だから」「子供にせがまれたから」「連絡手段として」など・・・とても安易に持たせてしまっています。
後先のことは考えずに。

 

スマホはとても便利なもので、生活していくうえで必需品になっています。
そして、契約さえすれば簡単に持つことができます。
便利なものが普及していくのはとても良いことです。

 

ただ・・・「持たせる」ことを終着点にしてしまってはいないだろうか。
スマホを持つことで子供の生活がどう変わるのか、きちんとわかっている親御さんはどのくらいいるだろうか。

 


 

LINEいじめなど、SNSのトラブルが後を絶ちません。
それもこれも、結局は大人たちが都合よくスマホを与え、都合よく説明を避け、都合よく面倒なことから逃げているせいではないでしょうか。

「子供にきちんと教える、ルールをきちんと決める」
これが出来ている家庭は一体どのくらいなのでしょうか。

持たせるときにきちんと大人が教えていれば、こうやって子供にも普及する前にちゃんと学べていれば、もう少しトラブルが減っていたのではないかな、と思うのです。

 

幸い娘には今のところトラブルはありませんが、周りの子供たちでトラブルになっているのはしょっちゅうです。
簡単にできてしまうことで、簡単に人を傷つけてしまう。
知らないうちに傷つけてしまっている。
そしてトラブルになっています。

 

こうした子供間のトラブルは、子供というよりもまず大人に責任があるのではないかな、と。
便利なもの、というだけでなく、便利さゆえの危うさを・・・子供にスマホを持たせる前に教えるべきなのではないでしょうか。


 

子供は、自分の話をちゃんと聞いてくれる人、コミュニケーションをとってくれる人に心を開きます。
一方的に助言するだけじゃなくて、子供の話を聞いてあげる。

子供からのコミュニケーションを「今忙しいから」って避けていると、年齢が上がるにつれどんどん心を開かなくなります。
(人それぞれかもしれませんが・・・)

 

正直な話、娘とは思春期と言われる時期より前に、思春期のような親に心を閉ざす時期がありました。
そのときはちょうど、息子が生まれて子育てに忙しく余裕が無かったときでした。

生まれてから2~3歳くらいまでは娘のことを気にかけるということが、あんまりできていませんでした。

 

娘は外ではとてもおとなしいですが、家庭では良くしゃべる子で・・・なんでも話してくれます。
ところが、自分に余裕が無かった私は娘の話をあまり聞いてあげていませんでした。

するとどんどん、娘がなんでも話してくれる機会が減っていきました。

 

きっと「ママは私の話を聞いてくれない」と、心を閉ざしていたんだと思います。
物を言うばかりで、聞いてあげることができていなかったんです。
あるとき、ハッと我にかえったことを良く覚えています。

 

それからというもの、娘も私もお互いに話す・聞くことを大事にしてきました。
だからこそ、思春期でも関係なく何でも話せるオープンな関係になれたのかな、と思っています。

 

これはあくまでも私の経験で、ほかの人には当てはまらないかもしれないけど・・・。

少なくとも「一方的に話す」よりも「会話する」方が子供との仲を良好に保てるのではないのかな?と。

 

だからスマホに関しても「あれもダメ、これもダメ」というのではなく、きちんと会話して親子で使い方やマナーを学ぶ機会が必要なんだろうと思います。

そこを面倒くさがるなら、やっぱり持たせるべきではないと・・・。

 

「検索すればどうせわかるでしょ」と思うなら、大いに間違っています。
「もう中学生なんだから」と思っても、まだまだ子供です。

スマホを持たせるなら、親として責任を持って・・・また、日ごろから会話することも大事なのではないかな、と私は思います。

 

もう一つ書きたいことがあったけど・・・長くなったのでまた次回に(笑)
あくまでも一個人の意見です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。

コメントを残す