影響力を与える人になる。キッズウィークに関するつぶやきで思ったこと

こんにちは、こんばんは。
Shuka(@shuka_051615)です。

ここ数日、色々なことがありました。

書きたいことを書く。
つぶやきたいことをつぶやく。

というスタンスでずっとやってきたつもりだったけど、どこかで遠慮してしまう自分がいました。

「こう書いたら周りはどう思うだろう」
「自分のつぶやきを見たくない人もいるかもしれない」

そう思うと、文字を打つ手が止まってしばらく悩む日が続きました。

でも、あることがきっかけで吹っ切れたとき。
やっぱり自分は自分だからスタンスを変えずに行こうと思いました。

今回は私なりのブログ論です。

 

スポンサーリンク


キッズウィークのつぶやきが反響を呼ぶ

モチベーションを取り戻したとき、Twitterでこんなニュースを目にしました。

「来年度からキッズウィークが導入される」という内容のニュース。

政府は、地域の催しなどに合わせて、夏休みなど学校の長期休暇の一部を別の時期に移す「キッズウィーク」を、来年度から導入する方針で、8日の閣議で、学校の休業日について定めた政令の改正を決定しました。
引用:NHKニュース

このニュースを見て、私は次のようなツイートをしました。

実質的な子供の休みは変わらないかもしれないし、キッズウィークが導入されることによって良い効果もあるのかもしれない。
でも、休みにくい環境の人はすごく多い。

そもそも、キッズウィークは「大人が子供に向き合う時間を確保する」という方針です。
その方針だけ見れば大賛成だけど。

それよりもまず、有休の取りやすい環境を整えるのが先だと思うんです。
そのときに仕事を休めない人はどうなるのか。
休めないことによって子供はどうしたらいいのか。

有休取得を推進しながら進めるということらしいのですが。
多分プレミアムフライデーの二の舞になると思う。

 

いいね・RTを自分なりに分析してわかったこと

私のツイートはTwitterの公式モーメントに追加されたことによって、多くの人の目に触れることとなりました。
数日経った今でも、増え続けています。

なんと、10万人以上が私のツイートを目にしたことになります。
エンゲージメントは少ないかもしれないけど、多くの人が私のツイートを見てくれたことは確か。

私はいいねやRTしてくれたアカウントをチェックしてみました。
その結果、多くは私と同じような子育て世代の方。

次に多かったのが、自分の娘と年齢が近い子供たちでした。

これが意味しているもの・・・。
「手放しで喜ぶ子供はきっと少ないだろう」ということです。

なぜなら、現代の家庭の多くは共働き。
だから親と接する時間も昔に比べてグンと少ない。

結果的に、子供が寂しい思いをすることが増えてしまうのかもしれない。


休みを分散させると言っても、休みを決めるのは各地の教育委員会です。

部活動に入っている子供は休めるのだろうか?
その期間は部活動をしないと決められるのか。
そしてその間先生は休むことができるのか。

夏休みでさえ毎日部活だという子供は多いし、それによって先生も休みがない。
まずは色々な部分を改善してから、キッズウィークを導入した方がいいと私は思っています。

 

スポンサーリンク



 

ブログやSNSが何かを変えるきっかけになるかもしれない

つぶやきの流れからか、私のブログを読んでくれた方もいました。
例えば、これ。

学校の宿題が多すぎて休めない子供たち。夏休みと冬休みの意義ってなんだろう?

2017.08.21

夏休みの宿題に関することですが、こんなリプライをいただきました。
(現在は削除されています)

夏休みの宿題が終わらないことで、貴重なイベントに行けないと子供に言われた。だから来年からは代行業者に頼むことを決めた。
代行業者に頼むなんてバカらしいし、誰だってそう思うだろうけど。
1人の保護者の意見では「前例」は覆らない。だから話し合う余地もないし時間と労力のムダ。

妥協してしまう、諦めてしまうのもわからなくはありません。
それが一番穏便に済むことだから。


 

こんなご意見もいただきました。
(削除されていたので、私のつぶやきです)

こう考えると、妥協してしまう親御さんの気持ちも痛いくらいわかる。
でも。

今の子供が大人になって、子育てをするようになっても変わっていなかったら。
そう思うと、私はブログを書くこともつぶやくこともやめることはできません。
誰かが言えないことを代弁したいという気持ちもすごくある。

共感してくれて、理解してくれて、そこから変えるきっかけになるかもしれないから。

知らないことを知るのはプラスになる。私が雑記ブログにした理由

2017.07.10

 

まとめ~落ちた気持ちを変えてくれた一言

私は弱いです。
人前で意見を堂々と言える器でもありません。

でもだからこそ、こういったブログやSNSで訴えかけていきたい。

今まで「自分の子供さえ良ければ」とずっと思ってきたけど、それでは社会は一向に良くならないと思うから。

私を奮い立たせてくれたのは、CaptainJack(@CaptainJacksan)さんにアドバイスをお願いしたときの返信でした。一部抜粋します。

せっかくブログを書いていても、ツイートの内容が伴わなければ意味がない。

だから今までざっくりしていたプロフィールも、変えました。
たくさんの人に読んでもらえるように・・・。

Jackさん、本当にありがとうございます!

 

まとめ

色々矛盾しているのかもしれないけど、今までずっと同調圧力で見過ごされてきたことを、本当に変えていきたい。

そう思っているからブログを書いています。
何かが変わるきっかけになれば幸いです。

コメントを残す