在宅ワークを始めるならまずはココ。安心・安全なクラウドソーシング

前から私のことを知っている方はすでにご存じかとは思いますが、かれこれ4年ほど前からライターという仕事をしています。

ライターというのは今では誰でもなることができます。
クラウドソーシングが主流ですが、個人的に受注している方も多くいます。

 

スポンサーリンク



 

私も最初はクラウドソーシングから始めました。
(クラウドソーシングって何?と思った方詳しくはこちらへ。Wikipediaへジャンプします)

今ではたくさんのサイトがありますが、私が始めたころはまだそんなに多くなかったので、とりあえずテレビで見たことのあったクラウドワークスに登録しました。

クラウドソーシングにはライターのような記事執筆しかないわけではありません。ちょっとしたアンケートに答えたり、サイトのロゴやキャッチコピーなどを考えたり。
様々な分野で仕事を探すこと、仕事をすることができます。

 

「在宅ワークをやってみたいけど、何から始めたらいいの?」
「怪しいものには引っかかりたくない」
など、なかなか一歩が踏み出せないという在宅ワーク初心者の方にはピッタリです。

クラウドワークスは登録が無料です。
誰でも登録することができますが、自分を売り込むためにも自己紹介やスキルの登録は必ずしたほうが良いです。

クラウドソーシングはお互いの顔が見えない分、顔を合わせない分、そういったところが必要不可欠になります。
ちなみに、私のページは今このようになっています。

 

今はこちらではほとんど受注はしていません。
ただ、少しでも実績があればお仕事の依頼や相談がコンスタントに来るようになります。
仕事の内容、報酬が見合っていないものに関してはすべてお断りさせていただいています。

ただ・・・現状は稼ぎが足りていないので、以前の稼ぎを維持するためにもまた始めようかなと思ったりしています。


 

このようなクラウドソーシングサイト、もう一つ大手を挙げるとすれば、ランサーズ です。


ランサーズもクラウドワークスと同じようなサイトになります。

色々登録するとごっちゃになって面倒になりそうですが、まず最初は登録してみてどんな仕事があるか見てみるのも良いでしょう。

 

知らない世界を知るのは勇気がいることですが、始めなければ何も変わりません。


ただ漠然と在宅ワークがしてみたいと考えているなら、まずはこの2つを登録してみてはいかがでしょうか。
参考になれば幸いです。


 

ブログランキングに登録しています!良かったら応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。

コメントを残す