【北海道胆振東部地震】被災してわかった、災害や停電に備えておくべき食料品と防災グッズ




2018年9月6日、北海道で震度7という大きな地震がありました。
北海道民の筆者も経験したことのない揺れを体感し、とても怖い思いをしました。

ものが壊れる以外に大きな被害はなかったものの、まだ不安を感じながら過ごしています。
一番後悔したのは、災害に対する備えができているようでほとんどできていなかったこと。

そこで、今後災害が起きたときのためにも備えておくと安心な食料品や防災グッズをピックアップしてみました。
今一度、備えの確認をしてみてください。

地震が起きてからやったこと

今回は夜中の就寝中、いきなりの災害だったのですごく焦りましたが、最低限これだけはできました。

電気のブレーカーを落とす

地震後10分ほどで停電になったため、とりあえずブレーカーを落としました。
ブレーカーを上げっぱなしにしておくと、停電が復旧したときに電化製品などから火花が散って、火災につながることもあるようです。

お風呂に水をためる

幸いにも断水はまぬがれたので、停電のさなか浴槽に水をためました。
ためておけば、万が一断水になってもひとまず大丈夫かなと・・・特にトイレが心配だったので。

ただし、電気ポンプで水を供給するマンションなどは、停電だとなすすべもありません。
マンション住まいの身内は1日半ほど水も使えない状況でした。

停電のとき断水になるおそれがある家庭は、普段からの備えとして、お風呂の残り湯は次のお風呂まで捨てずにとっておくといざというとき安心です。

ガスの元栓を閉める

停電だとガス漏れ警報器も鳴らないため、たとえガス漏れしていても気づかないことも考えられます。
そのため、ガスの元栓を閉めておきました。

もしガスのにおいがしたら、ガス漏れの可能性もあるのですぐに避難してください。
すぐに避難できない場合は窓を開けて換気し、火気は絶対に使わないように・・・短時間でもガス中毒になる可能性があるので避難できるのが一番です。

冷蔵庫は極力開けない

停電が長引くことも考えて、保冷状態を保つために冷蔵庫は開けないようにする、というのは豆知識として広まっていますね。
開ければ開けるだけ冷えなくなるので、できればそのままで。
古い冷蔵庫でも1日は持ちました。

何も考えられない中でもこれだけの行動ができました。
明るくなるまでは避難用の荷物をつくりましたが、これも普段から備えておけば安心です。

災害時に備えておくと安心のもの~食料品

わが家では食料品を備えているつもりでしたが・・・結果的に全然備えられていませんでした。
これを機に備えておきたいです。必要だなと思ったものを個人的にですがまとめてみます。

・水

長期保存できる非常用の水か、少なくとも市販のミネラルウォーターは1ケースはあるといいです。


 

・カップ麺、缶詰

カップ麺は健康を気づかって買わない人も少なくないと思いますが、災害時はやっぱりカップ麺さまさまです。
普段あまり食べないため備えておらず、すごく後悔したもののひとつ。


缶詰もすぐに食べられるからあったほうがいいです。個人的にはフルーツ缶があったら子供も少しほっとするかもと思いました。

・お菓子

お菓子類はちょっと小腹が空いたときにつまめるし、何より子供がいる家庭はあるとすごく安心です。
食べることで安心感も得られる効果がありました。

・常温保存できる紙パックの飲料

今回食料品のなかで一番備えておきたいなと思ったのが、常温保存できる紙パック飲料。

今回停電は長くなかったけど、長引けば非常食だけだと栄養面も気になります。ちょっとでも栄養をとるためにも野菜ジュースの紙パックがあるといいなと思いました。
果汁のジュースもあれば子供も安心かな、と。

災害時備えておくと安心のもの~防災グッズ編

食料品の備えは少しできていたけど、防災グッズはほとんど備えられていませんでした。反省です。
必要だなと思ったものをまとめています。

・懐中電灯

懐中電灯は電池を使わない、手回し式のものを持っていましたが、発電するまでしばらく回し続けなくてはならず、急いでいる場合はあまり向かないことがわかりました。

そのため懐中電灯も手回し式以外にも電池式、充電式など最低2種類程度はあったほうが良さそうです。
キャンプなどで使うランタンもいいですね!

手回しなので電池や電源いらず。
懐中電灯の役割だけでなく、ラジオや緊急時の携帯充電もできます。


 

こちらは電池式。
電球の形でとてもかわいらしく、シンプルなデザインなので懐中電灯としてはもちろん、お部屋の常夜灯としても。


充電式のLEDランタン。
電池は使用できませんが、防塵・防水で明るさも変えられます。USB充電式なので、モバイルバッテリーとしても機能します。

・モバイルバッテリー、電池

先にご紹介した充電式ランタンや手回し式の懐中電灯にはモバイルバッテリー機能もありますが、別に持っているに越したことはありません。

おすすめはAnker(アンカー)のモバイルバッテリー。

小さくて大容量。iPhone8なら約4回の充電が可能です。


長持ちする電池といえばエボルタ。懐中電灯の電池規格に合わせてそろえておくといいでしょう。

 

・カセットコンロ、ボンベ

今回の北海道地震で持っておけばよかったと思ったのが、カセットコンロとボンベ。
北海道民なら多くの家庭でおなじみかもしれませんが、家族の人数が少なければ持ち合わせていないかも。我が家もそうでした。

これがあれば、停電のときやガスが使えないときでもお湯を沸かしたり、料理ができます。
冷凍の味付きジンギスカンをムダにしないために、停電のなかジンギスカンを食べた家庭もきっとたくさんあったはず。

これで気持ちも落ち着くことができました。


カセットコンロに必須なボンベも一緒に。

 

・ティッシュ、トイレットペーパー

災害が発生すると、たとえスーパーやコンビニが開いていても、たちまち品薄になってしまいます。
そのため、普段からティッシュやトイレットペーパーはある程度常備しておくといいでしょう。


 

・除菌シート、汗ふきシート

停電が続けば長期間お風呂に入れない、断水も起これば手などの衛生面も気になります。
除菌シートがあれば手だけでなくテーブルなどの衛生も保てますし、べたつくお肌には汗ふきシートがあると少しでも快適に過ごせます。


 

・サランラップ、ビニール袋

サランラップは食品の保存だけでなく、食器に巻けば食器を汚すことなく使うことができます。
ビニール袋はごみ入れのほか、究極の時にトイレ代わりにできます。透明と黒の2色あればなお安心です。



・耳栓

避難生活が続く場合は周囲の音がきになって眠れないことも。
私は地震発生からしばらくは物音に敏感になってしまい、耳栓がとても重宝しました。

勉強や仕事、飛行機やライブでも活躍。聴覚過敏の人にもおすすめVCJ 耳栓の口コミ

2018.11.14

おわりに~備えあれば憂いなし

何事も備えが肝心とは言いますが、今回身にしみて感じました。ご紹介した、必要なアイテムはあくまで一例です。
これを機に、家庭で必要なものをよく話し合って備えておきましょう。

※地震発生からの記録をnoteにまとめています。
良かったらこちらもあわせてご覧ください。

一日も早く復興しますように。

 



コメントを残す