SNSなど一覧

発達障害の子供には「ホワイトボード」を使った視覚支援がおすすめ

視覚支援・ホワイトボード発達障害の子供に
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

筆者の子供は発達障害で、耳から入る情報より、目で見る情報の方が頭に入りやすい、いわゆる視覚優位というタイプです。

そのため耳から情報を伝えるとなると、短い文章で簡潔に伝えなければ理解が追い付きません。

どうしても言葉で伝えなければならないときは短い文章に分けて伝えています。

たとえば「学校へ行ったらランドセルを下ろして、中身を出す」ということを伝えたいとき。

 

・学校へ行く
・ランドセルを下ろす
・ランドセルから中身を出す

 

というふうに要点を分割して、言葉を伝えていく必要があります。
伝えることが、長文になればなるほど難しいのです。

逆に、目から入る情報は驚くくらい頭に入ります。
ここが発達の凸凹と言われる部分なのでしょう。

だから我が家では、目と耳の両方から理解につながるよう、家でも工夫しています。

この記事では発達障害の子供におすすめな、ホワイトボードを使った視覚支援についてご紹介します。

 




100円ショップのホワイトボードで視覚支援

我が子は視覚優位タイプなので、学校で何か行事があったりいつもと違うことがあるときは、なるべく言葉と文字で伝えるようにしています。

以前は紙に書いたりしていましたが、なにせ紙がもったいないし、まちがえて書いたときに消すのが面倒です。

そこで我が家では、ホワイトボードを活用しています。

 

セリアで購入したホワイトボードが大活躍

最初に使っていたのは、立てかけて使うタイプのホワイトボード。
しばらくして、100円ショップのセリアで「これだ!!」と思うホワイトボードを発見しました。

それは冷蔵庫に貼って使うホワイトボードです。

スケジュールを書き込んだり、日常の動作を貼ったりします。

視覚支援・ホワイトボード

我が家ではこのホワイトボードに、その日の予定やイレギュラーな行事などを書いています。

日常の生活スケジュールはマグネットシートをカットしてマジックで書いて作りました。
マグネットシートも100円ショップで買えます。

あまり細かくスケジュールを作ってしまうと、スケジュールどおりにいかなかったときパニックになってしまうので・・・本当に大まかな部分だけ。

 

シートタイプのホワイトボードもおすすめ

100円ショップのものでも十分ですが、家のスペースに余裕のある方にはウォールステッカータイプのホワイトボードシートもおすすめです。

スケジュール管理だけでなく、手軽に絵を描いたりすることもできます。


貼るタイプのホワイトボードシートです。
大きめなので、シートを貼れるスペースが必要になります。

 

 

困っていることをうまく伝えられないのが課題

視覚支援・ホワイトボード

スケジュール管理などに使っているホワイトボードですが、写真にある「てつだってカード」は以前通っていた病院のSTの先生が作ってくれました。

筆者の子供は困っているときにヘルプを出せないので、先生がどうにか上手く使えないかと頑張ってくださいましたが・・・残念ながらなかなかうまく使えません。

カードのほかにも、手伝ってほしいときに押すボタンも提案してくれましたが、カードを出す、ボタンを押すことはできても、「何に困っているか」が伝えられないのです。

今の課題は手伝ってほしいこと、困っていることの内容を伝えられるようになる。
でもこれがなかなかできず、難しいところです。

ちなみに視覚優位な我が子ですが、そこそこ漢字が読めるようになってきました。

漢字はまったく書けませんが、テレビはもちろん、新聞や雑誌も普通に読むことができます。
これが凸凹なのでしょう。

ホワイトボードは現在も活用しています!

ここからは追記です。

小学校6年生になった現在でも、このホワイトボードは活用しています。
普段と違う予定があるときは、必ずチェックできるように書き出して、言葉でも伝えるようにして。
このちょっとの手間で、だいぶパニックにならず穏やかに過ごせるようになったと思います。

ただ、ヘルプを出すことはいまだに難しい。
たとえ出せても、「何を手助けしてほしいのか」ということをうまく伝えることができません。

自分で伝えるということは、生きていくうえでは欠かせないことなので、これが今後の課題です。

 


★発達障害の子供に活用しているアイテムのレビューをしています。
良かったらこちらもご覧ください。(カテゴリページへ飛びます)↓

発達障害の子供に
「発達障害の子供に」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました