【旅ブログ】函館旅行のおすすめスポット②新函館北斗駅で北海道新幹線を見学




函館旅行2日目。
今回の旅のメインともいえる場所へ、まずは行ってきました。

わが家が前回函館に来た数年前にはまだ開業していなかった、北海道新幹線
札幌へはまだまだだけど、2016年にようやく新幹線が北海道へ!

開業から2年経って、やっと見に行くことができました。
いつか乗って旅したいです。

絶対に新幹線を見せてやりたい。そのために函館旅行にしたと言っても過言ではないくらい、楽しみにしていました。
しかも!予期せずあの列車も見れたという・・・。

函館旅行の参考になるよう、旅レポ+おすすめスポット紹介です。

前回の記事はこちら↓

【旅ブログ】函館旅行のおすすめスポット①五稜郭公園の夜桜と函太郎

2018.05.23

新函館北斗駅で念願の北海道新幹線を見学!

新函館北斗駅・駅名表示

本当は乗りたいくらいだったけど、今回は見るだけでがまん。
入場券を買って、新幹線が到着するホームへ。

ホームを歩くきょうだい

娘は修学旅行で北海道新幹線に乗ったことがありますが、息子は乗ることはおろか、見るのも初めて。(ちなみに私も)
ワクワクした様子でした。

駅表示板でピースする子供
イエーイ!

そして、新幹線が到着!

新幹線E5系

かっこいい!!

できるだけ近くに寄って、写真を撮りました。
※自撮り棒で撮りましたが、ちゃんと柵から出ないようにして、安全に気を付けて撮影しています※

息子は大興奮で、ずっと車両を眺めていました。
しばし眺めていると・・・なんと反対側のホームにも新幹線が到着!

運よく2両並ぶ姿を見ることができました。
しかも、H5系E5系・・・!よく見るとボディのラインがピンクとパープルなんです。

新幹線H5系とE5系

息子は目が♡でした(笑)

 

運よく見られたクルーズトレイン「トランスイート四季島」

2種類の新幹線が同時に見られて感動の余韻にひたりながらひと休みしていると、なにやらアナウンスが。
「このあと〇時〇分ころ、トランスイート四季島が当駅に停車いたします」

・・・・・・!!!!

あの予約の取れない、しかも高級な四季島が!このあと見られる!!!
なんてラッキーなのでしょう。少し時間はあったけど、しばし待つことにしました。

そしていよいよ、四季島が!
新幹線のホームとは違う場所に停車するので、安全には最新の注意を払いました。

四季島

感激です。
一生頑張ってもきっと乗れない四季島を見ることができるなんて。

数分停車して、四季島が出発。
乗客の方が手を振ってくれました!楽しい旅なんだろうなぁ。

うらやましい・・・と思いながら、ホームをあとにしました。

新函館北斗駅のフォトスポット

駅は開業してまだ2年ほどということもあって、全体がとってもきれい。
フォトスポットもいくつかあったので、もちろん撮ってきました。

・ずーしーほっきーが座るポスト

ずーしーほっきー

北斗市のゆるキャラずーしーほっきーがポストの上にちょこんと座っています。
キモかわいい(笑)
ここ越しに駅全体を撮ると、とってもいい写真になりますよ!

ずーしーほっきーと記念写真

・三橋美智也生誕の地、石碑

石碑ときょうだい

はやりのひょっこりはん風に・・・。
桜の季節なら、すぐ横に桜も咲いています♪

桜と家族

・北斗の拳、ケンシロウの銅像

ケンシロウ銅像

北斗つながりで、北斗の拳・・・だそうです。
作者のサインもあります!

・青函トンネル30周年パネル

青函トンネルパネル

これは2018年のみだと思いますが、青函トンネル開通30周年ということで、こんなパネルもあります。

新函館北斗駅は鉄道好きの子供がいたら絶対に行くべき!

入場券を買えばホームに入ることができるので間近に見られるほか、ホームに入らず見られる展望スペースもきちんとあるので無料で見ることができますよ!

あらかじめ新幹線が到着する時間を調べておけば、待ち時間も少なく済みます。
ちょっと待ち時間があるときは、お土産を売っている場所やフォトスポットなどで時間をつぶせるほか、駅のすぐ隣にはホテル・ラ・ジェントプラザ函館北斗もあって、ランチを楽しむこともできるのでおすすめです。

楽天トラベルの予約はこちら

ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗

 

ちなみに、駅の外はほとんど建物がありません。

新函館北斗駅の外

車での旅行なら大丈夫ですが、電車やバスでの旅行の場合は新幹線が到着する時間によってはかなり待つかもしれないので、注意してください。(特に冬)

新幹線見学を満喫したあとは、腹ごしらえ!
つづきます。

【旅ブログ】函館旅行のおすすめスポット③ラッキーピエロと道の駅・なないろななえ

2018.06.26

★鉄道好きの方はこちらもどうぞ。



コメントを残す