「おうち美容室」開店~バリカンでセルフカットは意外に簡単

先週末は、息子の髪の毛をカットしました。
息子がまだ小さいうちはずっと「おうちカット」していたのですが、引越しを機に美容室デビューして。
また引越しして、美容室に行ったのですが・・・まぁ嫌がります。

そして美容室に拒否反応を示すようになってしまいました。
引越しして間もないし、良い美容室もわからないので、思い切ってまた、「おうち美容室」に戻そうと。

先日電気屋さんに行って、セルフカットできるバリカンを買いました。
発達障害の息子のため、「おうち美容室」を開店です。

 

スポンサーリンク



おうち美容室、開店

久しぶりのカットにチャレンジ。
おとなしくしてもらうためDVDをかけて。

そしたらすんなりとカットさせてくれました。
もしかしたら、ハサミの「ジョキジョキ」って音が嫌なのかも。

嫌がったりしなかったので、私も気分が楽でした。
ただ・・・毛くずが・・・散らばる(泣)

もちろんケープをして、床にシートを敷いてカットしましたが、それでもかなり床に散らばっていました。
後始末はちょっと面倒ですが、息子も私も夫も「今度からはこれがいいね!」と満場一致の意見でした。

翌日、ついでに夫の髪の毛もカットしてみました。
息子よりは難しいけど・・・なんとかできました。

ちょっと手間はかかってしまいますが、おうちカットは子供の負担もグンと軽くなります。

ベランダがある家庭は外でカットするのもいいかも。
毛くずの処理が少しは楽になると思います!!

バリカンは電気屋さんに行くと、意外に種類がありました。
我が家はパナソニックが好きなので、パナソニックのバリカンを使用しています。

 

水洗いもできるし、アタッチメントの種類も豊富なので、お好みの髪型にするのもそこまで難しくありません。

ケープは100円ショップにも売っていますし、床に敷くのは新聞で十分。
あとは掃除機を準備しておけば万全です。

 

まとめ

息子の場合は、ハサミもそうですが美容室そのものの雰囲気も深く関係していると思っています。
これも感覚過敏の症状かなぁと。

おうちカットは慣れるまで大変かもしれませんが、慣れればササっと手軽にできちゃいます。
髪の毛のカットで困っている方がいたら、自宅でカットする方法もぜひ検討してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。