「無理強いせず穏やかに」で笑って過ごせる~発達障害の息子が穏やかに過ごすには

新しい学校へ来てから5か月が経ちました。
ビックリするくらい、毎日穏やかに過ごしています・・・。
すごく良いことです。
幼稚園時代には考えられなかったけど。

息子の障害がわかってから、悲観することもあれば「何とかなる」とも思ってきました。
まだまだ今でも無知な部分はありますが、息子の特性については理解しているつもりです。
正確には、やっと理解できた、のかも。

スポンサーリンク



 

幼稚園に入ってから、同時に病院での療育と発達支援のデイサービスへ通うようになりました。
そのころの私はどうにかして普通に近づいてほしいと思っていました。

だからそうやって幼稚園以外のところでも、色々学んで訓練を積んでもらおうと思っていたのです。
最初は病院での療育だけだったけど、そのうちデイサービスへも通い、
最終的にはデイは2か所通っていました。

週2回のことだったけど、
今思えば息子にも私にとってもすごく負担になっていたんだと思っています。
「楽しく通う」には程遠かった。

 

幼稚園へお迎えに行って、デイへ連れていき、また迎えに行く。
ただ迎えに行くだけだけど、近い場所じゃなかったからこれがけっこうしんどくて。 
でも、必死だったんだと思います。

息子にとって、幼稚園はきっと地獄だっただろうな。
小学校みたいに支援学級なんてないし、大人数の中に毎日行かなきゃならない。

その時はザワザワしたところが苦手だなんて気が付いていなかったから。
楽しいことももちろんあっただろうけど、
集団で過ごすというのが苦手な息子は苦痛も多かったと思う。

 

それなのに、さらに療育やデイで疲れて。
行きたくない時だってあっただろうに。
気持ちを口に出すのも難しいから言えなかっただろうに、私は気が付いてあげられなかった。

通うにつれ、不安定になっていることが多くなって。
それでも何がダメなんだろうって思いながら通ってた。

結局、詰め込み過ぎていたんですよね。
週末の休息では足りないくらいに頑張りすぎていたんです。
息子だって疲れてた、私も息子の不安定さに疲れていた・・・。

 

小学校に入学するとき引っ越しが決まって、
こんな不安定なのに引っ越して良いのかな?とも思っていたけど、
思い切って引っ越したとき、
あの時不安定だったのは頑張りすぎて、頑張らせ過ぎていたからなんだと初めてわかったんです。

 

環境を変えるなんて、障害のある子にはハードルが高いなんて思っていたけど、
息子にはむしろ逆だった。

最初は慣れるまで不安定だったけど、すごく穏やかに過ごせるようになっていた。
息子が穏やかだと、自分も穏やかでいられた。

 

小学校に入ったから放課後デイでも行かせようかと思った時期もあったけど、
あえて行かせていません。

息子が穏やかに暮らせているのは、
「学校へ頑張って通い、放課後は自分の自由時間」というスタンスが丁度よいと思ったからです。
あとは支援学級という少人数の集団の中で毎日過ごしているからだと。

 

そしてまた引っ越しして落ち着いた今、通わせようかな~とも少しは思っていましたが、
学校で十分頑張っているから、これ以上頑張らせることもないかな、と思っています。
私は高望みしてしまっていたんだと思います。

 

息子を見ていると、ゆっくりだけど確実に成長しています。
昨日出来なかったことができていたり、会話のキャッチボールがとても多くなりました。
不安定さで困ることは大きな行事があるときくらいで、毎日楽しく過ごせています。

 

不自由さがなくなれば良い。
これは障害を持つ子供がいるなら誰でも思うことでしょう。
でも、ビシバシやることが良い方向に繋がる子もいれば、
息子のように無理強いすると崩れてしまう子もいる。

まずは親として子供の特性を理解するというのが、不可欠なのかなと思っています。
これは障害のあるなしに関わらず言えることなのかな、と。

 

将来のためにいろいろ経験させるというのはもちろん良いことですが、
子供にとっては苦痛になることもある。
振り返ってみて気が付くこと、後悔することもあるけど、それを肝に銘じて。

息子の一番の理解者であるために。
みんな笑顔が一番だから・・・。

特性は一人一人違うし、対処法も違ってきます。
これはあくまでも我が家の場合です。
1つの経験談として、読んでいただけたらなぁと思います(*^-^*)

 

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。

コメントを残す