勉強や仕事、飛行機やライブでも活躍。聴覚過敏の人にもおすすめVCJの耳栓

VCJ耳栓




耳栓は、聴覚過敏などで不快な音や大きな音から耳を守るため以外にも、勉強や仕事など、集中したいときにも役立ちます。

さまざまな種類がありますが、普段から良く使う人におすすめなのがケース付きの耳栓です。

ケースがあればとても衛生的なほか、紛失対策にも。

そこで持ち運びに便利なケース付きの耳栓のおすすめ商品とレビューをご紹介します。

ライブでも音対策の耳栓やイヤーマフの貸し出しが増えている

音楽ライブやフェスなどに小さな子供を連れて行く、という人も増えてきました。

子供とイベントを楽しむことはとてもいいことですよね。

親子席があったりなど、子連れでライブに行くハードルがだいぶ下がったこともあると思います。

大きな音が平気な人なら大丈夫ですが、子供となると話は別。
子供はまだ成長途中。もちろん耳もそうです。

自分で対策ができるお子さんなら心配ありませんが、特に小さなお子さんとライブなど大音量の場所に行くときには、注意が必要です。

お子さんの耳を、大きな音から守ってあげましょう。

最近では、ライブで耳栓やイヤーマフの貸し出しも活発になってきています。
※サカナクションさんのライブでは、ライブ用のイヤープラグを貸し出しています。

耳栓やイヤーマフは音を軽減するだけじゃない。音から耳を守るためでもある。

周りの音を軽減する耳栓やイヤーマフですが、苦手な音や不快な音から耳を守るためにも使用します。

特に感覚過敏のひとつである聴覚過敏の人は、音に敏感であるがゆえに人よりも音に対する辛さが多くあります。

私の子供は聴覚過敏で、大きな音や騒がしい場所などへ行くときはイヤーマフを使用しています。

聴覚過敏だからといって苦手な音がみんな同じというわけではありません。

聴覚過敏の人におすすめ。Fnovaの防音イヤーマフを使ってみたレビューとデメリット

2017.10.04

私自身も苦手な音から耳を守る意味で、シチュエーションに合わせて耳栓を使用しています。
特に北海道胆振東部地震のときは、ちょっとの物音でも眠れなくなり、耳栓がとても役に立ちました。

【北海道胆振東部地震】被災してわかった、災害や停電に備えておくべき食料品と防災グッズ

2018.09.14

手軽に持ち運べて便利!VCJのケース付き耳栓の口コミ

私が使用しているのは、VCJのケース付き耳栓です。

VCJ耳栓

AmazonかYahoo!ショッピングで購入できます。

用途に合わせた2種類の耳栓がとっても便利

VCJ耳栓は2種類入っている

VCJの耳栓は用途別に2種類の耳栓が入っています。

<U-02>

VCJ耳栓・就寝用

きのこの山に形がちょっぴり似ているタイプは、主に就寝時や集中したいとき用です。

これをつけると会話は聞こえますが、例えば時計の秒針が動く「カチッ」という音や冷蔵庫のモーター音が聞こえなくなります。

<U-01>

VCJ耳栓・飛行機用

もう一つの耳栓は、ライブなど大音量の場所や騒音が大きい場所などで音量を軽減してくれます。

ライブでは音質はそのままで、音量だけが小さくなるといったイメージです。

気になる音を軽減するなら<U-02>の耳栓、大きな音を軽減するなら<U-01>の耳栓といったように、用途に合わせて使い分けができます。

飛行機での使用に関しては、説明書と商品ページで説明が異なりなんとも言えませんが、個人的には<U-02>の方を使っています。

※耳栓をすると音が約28db軽減されると説明に書かれていますが、どちらも音を完全にシャットアウトするものではなく、あくまで音を軽減(ノイズキャンセリング)するものです。

ケース、カラビナ、耳栓コード付きで紛失の不安を解消

VCJ耳栓・ケース

VCJの耳栓は専用のケース付きなので、持ち運びにとても便利。
ケースにはカラビナも付いているので、カバンやベルトループなどにもつけられます。

VCJ耳栓・コード

<U-01>の耳栓には付属のコードをつけることができます。
つけて使用すれば、ライブ会場で紛失の心配もありません。

耳栓単体で持つと失くしてしまったり、ケース付きでもケースが小さすぎて失くしてしまうこともあります。
VCJの耳栓なら、ケース・カラビナ・コードで紛失の心配も軽減されます。

シリコン製だから水洗いできて清潔

VCJ耳栓は2種類入っている

耳栓は耳に使うものなので、使用していると汚れてきます。
VCJの耳栓は水洗いができるので、汚れたなと思ったらせっけんなどで優しく水洗いしましょう。

しゅうか
私は洗顔ソープで洗っています。

耳栓の使い方のコツ~フィット感が大事

耳栓はただ耳に入れるだけではなく、よりフィットするようにつけることが大切です。

つけるときは耳を上に引っ張りながら入れ、ゆっくりと60度ほど回しながら差し込んでいきます。

フィットしているかどうか、拍手をして確かめてみましょう。
VCJの耳栓はシリコン製なので、長時間使用しても耳が痛くなりません。

大人はもちろん、耳の大きさにもよりますがお子さんでもお使いいただけます。
(小学生の子供にも使ってもらいましたが、大きすぎることもなくフィットしていました)

耳栓は音を軽減させる意味でもありますが、同時に耳を守る意味でもあります。

普段使いでもライブでも、耳栓で耳の健康を維持していきましょう。

購入はこちらから↓


★より遮音性を求めるなら防音イヤーマフ。
聴覚過敏の子供も使っているFnovaのイヤーマフについての口コミはこちらから↓

聴覚過敏の人におすすめ。Fnovaの防音イヤーマフを使ってみたレビューとデメリット

2017.10.04



コメントを残す