好きを極めることは、きっと未来につながると信じて。

ふと開いたTwitterのタイムラインから流れてきた、ある動画。
正直私は英語が得意だったとはいえ、見ていてニュアンス程度にしか英語はわかりません。
アメリカのオーディション番組だと思います。とりあえず見て下さい。

腹話術をしながら歌う女の子。
そのクオリティたるや、驚きすぎて。
久しぶりに感動して鳥肌が立ちました。
すごい。素晴らしいの一言・・・最後には私は感動のあまり泣いていました。

 

スポンサーリンク



そして、ふとこんなことを思ったので勢いで呟いてしまいました。

 

もちろん、今現在毎日楽しく過ごしている子供たちはたくさんいるでしょう。
でも、一方で苦しい、辛いと思いながら毎日を過ごしている子供もたくさんいて。

私の息子も、発達障害の様々な症状を抱えながら日々暮らしています。
楽しみや好きなことのために辛いことを頑張っている。
恐らくそんなふうに日々過ごしていると思います。

 

「学校楽しい?」と聞くと「うん」とは答えます。
でも「休みがずっと続けば良いのに」と良く言っています。
「学校楽しい」は建前で、「休みたい」が本音。

 

楽しくて仕方ないなんて子は、果たしてどのくらいいるのかな。
学校が辛さや苦しさを学ぶ場所になっている気がして。楽しく学ぶ要素があまりない。

勉強するところだから仕方ないと言われればそれまでだけど。
なんか違う気がして・・・。
葛藤しながらも毎日送り迎えしています。

 

息子の楽しいことと言えば、学校が終わってゲームをしたり、録画した好きなアニメを思う存分見たり、マンガを読んだり。

 

楽しみがあるから辛い学校も頑張れる部分は大いにあると思います。
息子の支援学級で放課後デイに行っていない子は、息子だけです。
前の学校でも、息子だけでした。

 

行った方が色々学べる、成長の手助けになるのかもしれないけど、息子の楽しいことや好きなことの時間を削ってしまったら。
バランスが保てなくなり、今のモチベーションで過ごすことは出来なくなるでしょう。
だから、あえて私は行かせてません・・・。

 

将来に不安はあります。
ちゃんと自立できるのかな、とか。
高校はどうなる、就職はどうなる、とか。
不安だらけです。

 

でも自分も含めて、心から好きだ、楽しいと思えることが1つでもあれば。
それだけで気持ちも変わる。そのために頑張れることもある。

 

だから好きなこと楽しいことから得意やスキルを引き出すことが、将来につながるような気がして。
浅はかかもしれないけど。

 

息子だったら、大好きなゲーム、興味のある動画やマンガ。
好きなものから広げていけば、将来につながるんじゃないかと。

 

そんなものは将来何の役にも立たないと、好きなことを好きで留めておくのは何だかもったいない気がして。
好きを極めて、それを将来生きていく糧にしていくのがこの先良いのではないかなと、思うわけです。
もっと多様性があっていい。

 

子供のなりたい職業に「Youtuber」が上がっています。
これを「時代だよねぇ~そんなんで食べていけないよねぇ」で終わってしまうのが普通でしょうが。
私はそうは思いません。

 

Youtuberなんて簡単になれそうだなって思うから上位に上がるのかもしれませんが。
本気でなりたいなら応援する。

「稼げなかったら意味がないしムダ」と思うかもしれないけど、やってもいないのにそんなのはわからないし。
変な親だなぁと思うでしょうが・・・。

 

何となく高校へ行って、何となく大学へ行って、何となく就職して。
そんな人生よりもずっと充実してるし楽しいと思う。

 

ただ、本人が楽しいと思えることが一番大事で。楽しいと思えなきゃ意味が無くて。
習い事とかもそうだけど、本人が楽しいと思えないのならやるべきじゃないと思って。
人それぞれ考え方や価値観が違うから一概には言えないだろうけど。

好きを極めることは、きっと未来につながると信じて。
思い立ってバーッと書いてしまいました・・・。
あくまでも私感です。


ブログランキングに登録しています!良かったら応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。

コメントを残す