壊れたストックは頑張った勲章~学校のスキー遠足

先日、息子にとって初めてだったスキー授業が終わりました。
スキーを履くことも、しまうことも、すべてのことが初めてだったから、
心配で仕方ありませんでした。

冬休みは家の中で履く練習をしてみたり、実家の庭で履いてみたり。
練習のときからすでに、「ムリかなぁ」と思っていました。

まずはスキー靴を履くのでさえ、難しい。
そこからスキーを履いてストックを持って歩く。

1度に2つ以上のことに集中するなんて、息子には難しいことでした。
だから相当難しいかも、と先生には伝えていましたが。

冬休みが明けてから、学校では最初のスキー授業がある日まで、教室で練習してくれました。
スキー一式を袋から出して、靴を履いて、スキーを履いて、袋にしまう

一連の流れを息子に手取り足取り教えてくれました。
学校は頑張る場所と決めている息子は、家での練習とは違ってくじけずに頑張っていたようです。
そうすることで、時間はかかるけれど全部自分でできるようになっていました。

いざ初めてのスキー授業。
体幹が弱く腹筋がうまく使えない息子は、まず歩くことすらままならず。
坂を上るなんて到底無理。

まずは歩いて力の使い方を覚えるところから始めました。
何度も何度も繰り返すうちに、歩くのもスムーズになって、今度は坂を上ることに。
いわゆる「カニさん歩き」で上るわけですが、これまた一苦労。
少しずつ少しずつ距離を伸ばしていき、とうとう学校の山の頂上まで登れるようになりました。

次は坂を滑らなければならないけれど・・・これがまた難関で。
滑っては転び、滑っては転びを繰り返し・・・。

そんな風にスキー授業を続けていた時に授業参観があり、
私は初めて息子がスキーを滑る姿を見ました。

最初はすぐに転んでいたのが、だんだん上手になってきて・・・
授業の終わりころ、初めて転ばずに坂の下まで滑ることができました。

上達してきた話は聞いていたけれど、思った以上にできるようになっていて。
しかも初めて転ばずにできて。

すごく嬉しかった。
褒めまくって褒めまくって、先生にもたくさん褒められ。
自信に繋がったみたいです。

それからは滑って止まる練習をして、なんとか止まれるようになりました。
ちょうど次の週に、ゲレンデでのスキー授業が入っていて。

息子が行きたいと言うので、不安はありましたが参加させました。
何が不安って、乗ったことの無いリフトに乗るというところが・・・。

それを知った先生は視覚優位の息子のために、
「リフトの乗り方」というビデオで予習させてくれました。

高い所も揺れるところも苦手な息子が乗れるのか、とても不安でしたが・・・
何度かリフトに乗って滑ったそうで。

無事に帰ってきて安心しました。
が・・・ひとつ・・・その時アクシデントがあって。

リフト初心者の息子は、リフトから降りるときにストックを上げて降りるのを忘れ・・・
ストックが見事に曲がってしまいました。

家に帰ってきてからずっとそれを気にしていて。
どんなに大丈夫と言っても、「サポートセンターに電話しよう」と。
何かが壊れたときは「サポートセンター」に頼めば大丈夫と思っているみたいです(笑)

来年新しいの買おうね、と言っても聞いてくれず。
しまいには泣き出してしまいました・・・。
しばらく泣きながら怒っていました。

なんとかなだめて落ち着いてくれましたが、「ストックが曲がってしまった」というのは
苦い思い出として残っていきそうです。

しばらくは思い出しては涙するということが続きそうですが・・・いつか良い思い出になるように。
来年はもっとうまくなれると良いなぁ。

正直ここまでできるようになるとは思ってなかったから、すごい成長だなぁと思います。
でもスキーがあったからか、ずっとイライラ怒りっぽい息子・・・。

反抗期なのかな?とも思うけど…これもスキーが終わったから少し良くなるかな。
息子がイライラするとつい私もイライラしてしまうので、自分の感情を抑えるのが大変です。
きっと息子に伝わってしまって、悪循環なのかもしれないな。

また穏やかに過ごせるようになりますように。

ストック…こんなに曲がってしまいました(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

Webライター兼ブロガー。 上京して頑張る娘と発達障害の息子を育てるアラフォー。 学校が辛い子供たちのために、通信制の小中学校を作るのが夢です。学校教育や社会の「当たり前」にモノ申す。たまに趣味のことも書いています。

コメントを残す