SNSなど一覧

菊正宗 日本酒の化粧水とダイソーのフェイスマスクでパック!使い方と口コミ

美容・コスメ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

歳を重ねると気になるお肌の衰え。
筆者も2人目の子供を産んだあたりから、気になり始めていました。

ところが日々の育児や家事で自分のことは後回し。
お肌のお手入れを適当に済ませていた結果・・・特に毛穴が目立つようになりました。

そんなとき、毛穴のケアはまず保湿力をアップさせなければ良くならないということを知りました。

 

 

それからというもの、毎日のように化粧水パック
するとお肌の状態がだいぶ変わってきました。

今回はアラフォーの筆者が実際にやっている、プチプラでできるスキンケア方法をくわしくご紹介します。

 




1個約3円!ダイソーの圧縮フェイスマスクで化粧水パック

保湿力アップのために毎日パックするとなると、使うものによってはかなりお金がかかります。
毎日使うものは、できるだけ出費を抑えたいですよね!

いつもドラッグストアで数百円の圧縮フェイスマスクを買って使っていましたが、それよりも安くて使いやすいパックを見つけました。

それはダイソーの圧縮フェイスマスクです。

 

ダイソーの圧縮フェイスマスク 税込110円

100円ショップとして知られるダイソー商品の中には、110円で買えない商品もあります。
でもこの圧縮フェイスマスク税込110円です。

見つけたとき、「え?これでも110円なの?」とびっくりしてしまいました。

くわしくレビューしていきます。

 

ダイソーの圧縮フェイスマスクは35個入りでしかも個包装

ダイソーの圧縮フェイスマスク35個入り。110円で、です。
1個当たり、なんと約3円!!

1回3円なら家計にもやさしい。
しかも1個ずつの個包装なのがまたうれしいところです。

 

お泊まりや旅行にもぴったり。
かさばらずに日数分を持っていくことができます。

同じようなタイプの圧縮フェイスパックはドラッグストアなどでも多く販売されていますが、意外に個包装のものは少ないほか、コスパの面でちょっとお高め。

でもダイソーの圧縮フェイスマスクなら、惜しみなく毎日使えます。

筆者はこれで、毎日のように化粧水パックをしています。

 

毎日パックするのは保湿力を高めるためです。それほどお肌がボロボロでした・・・。
お肌の状態がそこまで悪くない場合は、毎日パックすると保湿し過ぎてしまう可能性がありますのでご注意ください。

 

 

化粧水パックを毎日のようにしていると、当然ながら化粧水を使う量も多くなります。

高級な化粧水で保湿力アップのためにパックするのは、なかなか勇気が出ないかと思います。

そのため化粧水もパックと同じようにプチプラなものを使うと、保湿力アップのスキンケアもはかどるのでおすすめです。

プチプラな化粧水にもさまざまありますが、おすすめは菊正宗 日本酒の化粧水

 

菊正宗 日本酒の化粧水は2種類。プチプラで化粧水パックにも。

筆者が毎日使っている菊正宗 日本酒の化粧水は、かなりプチプラでしかも大容量。

ジャブジャブ使っても罪悪感はないのでとてもおすすめです!
化粧水は500mlと大容量なので、顔の化粧水パックだけでなく、全身保湿にもたっぷり惜しみなく使えます。

菊正宗 日本酒の化粧水には、透明保湿タイプと高保湿タイプの2種類があります。

※ノーマルタイプも取り扱い店舗によっては販売していますが、メーカーでは販売終了。
現在は透明保湿タイプになっています!(2019年7月3日メーカーサイトで確認)

 

菊正宗 日本酒の化粧水 透明保湿

菊正宗 日本酒の化粧水 透明保湿は高保湿タイプに比べて使い心地はさっぱり。
でも保湿力はバツグンです。サラッとした仕上がりがお好みの方はこちらがおすすめです。

 

 

菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿

菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿タイプは透明保湿タイプと比べても、しっとり感がかなりちがいます。
お肌のうるおいが足りない、乾燥が気になるという方には高保湿がおすすめです。

日本酒の化粧水は高保湿タイプだと、安いところでは600円台から買うことができます。

 

私は春〜夏はさっぱりの透明保湿、秋〜冬はしっとりの高保湿と、季節によって使い分けています。

 

 

毎日化粧水パックでいっぱい使っても、化粧水は1ヶ月から1か月半持ちます。(個人差があります)

また、私は乳液もセットで使っています。

 

菊正宗 日本酒の乳液

乳液は顔だけでなく全身の保湿にも使っていますが、使い心地もべたつかずしっとり。

どちらもかなり重宝しています!

 

 

筆者はかなりの敏感肌で、生理前などお肌がデリケートなときにはちょっとヒリヒリすることも。
肌質や体調などによっては合わない場合もあるので、刺激を感じたときはご使用をお控えください。

 

 

化粧水パックの方法~続けるコツは「ながら美容」

パックする女性

化粧水パックの方法はいたって簡単です。
ダイソー圧縮フェイスマスク菊正宗 日本酒の化粧水をしっかりと染み込ませてパックするだけ!

 

化粧水パックの方法と1回につき必要な化粧水の量

化粧水パックの方法は以下のようになります。

 

①ダイソーの圧縮フェイスマスクに向けて化粧水をプッシュ
②だいたい8プッシュくらいしたら広げて顔にのせる
③お肌がキンキンに冷えたら保湿完了!

 

化粧水の量は8プッシュだと多いときもあり・・・力加減で変わってきます。
だいたい7~8プッシュくらいがベストかな?と思います。
適量はご自身で調整してみてください。

 

この化粧水パックを、特に乾燥する秋〜冬にかけて毎日のように続けていたら、だいぶお肌の調子がよくなりました。
何より化粧ノリが断然ちがいます。

 

とはいえたるみ毛穴はまだまだ・・・治すには保湿力アップだけではダメなのかなぁという気も・・・。
でも何事も諦めず続けることが大切です。

 

 

化粧水パックを続けるコツは「ながら美容」

毎日のスキンケアが長続きするように、私はながら美容でがんばっています。

夜お風呂上がり、髪の毛を乾かしながら、または洗濯物を干しながらパック。これで面倒くさがりな筆者が2年あまり続いています!

現在は化粧水パックをお肌の状態に合わせてデイリーで続けていき、週に1度のスペシャルケアとして市販のパックを使っています。

 

 

たるみ毛穴は保湿力アップしながらメイクでカバー!

化粧水パックやスキンケアは根気よくずっと続けていますが、今までお手入れを怠っていたぶん、すぐには変わりません。
筆者の場合、普段はメイクでカバーして、お手入れを念入りにがんばっています。

毛穴を目立たなくしてくれる、おすすめのプチプラBBクリームなどは下の記事でご紹介しています。
よかったらご覧ください。

 

 

気になる部分はメイクでカバーしつつ、毎日のスキンケアで保湿力アップをしていきましょう!

 


★YouTubeにこの記事をまとめた動画をアップしています★

コメント

タイトルとURLをコピーしました